ホーム > 院長ブログ > > 脊椎矯正による腰痛解消の根拠
院長ブログ

脊椎矯正による腰痛解消の根拠

腰痛は色んな原因があり、一般的には腰椎ヘルニアとか変形性腰椎症などが多いですが、

意外と病気でない腰痛が存在します。

*加齢による変形は病気とは違う概念です。高齢者の顔にしわが増えるのは生理的現象であり、

病気ではないという考えです。

たとえば、筋肉の疲労による腰痛、分娩後の腸仙骨関節の開きによる痛みなどは、生理的痛みであり、

病気による痛みではありません。

みんなの顔,体型が違うように、脊椎も様々な顔を持っています。

中には脊椎の配列(alignment)が悪くて現れる腰痛が存在します。

つまり、過剰に動く関節(関節の過剰動きの最大値が脱臼です)、過少に動く関節、動かない関節が

腰痛の原因になる場合があり、この関節の動きを正すのが脊椎矯正です。

脊椎の動きそのものに原因がある腰痛の治療には、脊椎矯正が

効果的な方法です。幸いにも、アメリカのシグマ社から、脊椎矯正器械が研究され、

最新のアップグレード器械(ULTRALIGN G2 MODEL)を来月導入することに

なりました。もちろん、全ての腰痛に効果があるわけではありません。

正確な診断の下であれば、脊椎矯正の効果は抜群です。

脊椎矯正はいわば、脊椎関節の美容整形のようなものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/52

ページの先頭へ