ホーム > 院長ブログ > > 自律神経失調症
院長ブログ

自律神経失調症

私は自律神経失調を病気とは思いません。なぜなら文字通り自律する神経なので、

外部から薬物とか注射とかの治療は加えない方が妥当と思います。

だからと言って、痛み、めまいなどの症状を我慢しなさいということでは

ありません。心臓が勝手に動くように、自律神経は生命維持に不可欠なものです。

交感神経と副交感神経のバランスが一時的に崩れることによって現れる

諸症状を自律神経失調症といいますが、神経そのものの異常ではなく、

バランスの異常ですのでそのバランスを正すことが治療になります。

その自律神経に深く関係するものが星状神経節です。

頚椎の7番付近に存在するこの神経を治療することによって自律神経を

正すことが多く見られます。星状神経節ブロックが万病に効くように説明される

先生方もいますが、私は治療のひとつの選択肢として考えています。

星状神経節ブロックは首への注射なので、当然、恐怖を伴います。

医師と患者の間に信頼感が確立してないとなかなか注射には踏み切れません。

幸いにも、微弱電流治療が注射に近い効果を発揮することが分かってきました。

恐怖感、痛みを伴わず自律神経失調にかなりの効果が期待できる、

まさに救世主なような宝物です。

本院では一日50人以上の方に行われており、約80%以上の方が肩こり、頭痛、

不眠が改善されています。微弱電流による星状神経節治療!自律神経失調の

強力な治療の選択肢です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/54

ページの先頭へ