ホーム > 院長ブログ > > カイロの有効性と危険性
院長ブログ

カイロの有効性と危険性

カイロ(chiropractic)は定義上、骨格筋肉神経系の診断、治療、予防に関する

諸健康ケアーです。つまり、明らかな医療行為であり、医師の資格を持っていない

者が行う行為ではありません。病気の治療という行為は、人体の生理、生化学などの

基礎医学、内科、外科、産婦人科、小児科などの臨床医学を基に行われるべきことです。

”俺は骨格に詳しいから”とか”俺はカイロの経験が豊富だから”では終わらない、

実に奥深い治療行為です。カイロそのものを否定するわけではありません。

カイロは代替医学として非常に有用な治療行為であることは私の経験上、

確実に証明できます。

椎間関節の動きを調節することによって、不安定腰椎症、変形性頚椎症などの

疾患には非常に有用な治療方法です。

いうまでもなく、その治療の根拠を確実に、合理的に説明する必要性が必然的に

生まれるわけですので、カイロを称する治療行為は医師、あるいは医師の指導の下で

行うべきです。根拠がない、根拠を説明できない治療は、宗教のようなものです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/56

ページの先頭へ