ホーム > 院長ブログ > > 脊椎矯正とカイロの真意
院長ブログ

脊椎矯正とカイロの真意

脊椎矯正(いわゆるカイロの一環)は、動きが悪い脊椎関節に動きを与え、

その結果として痛みを緩和させる治療方法です。

悪い動きというのは、単なる動きそのものではなく、

筋肉、靭帯などの軟部組織と関節のアンバランスの動きを言います。

関節の動きすぎの最大値は”脱臼”と定義されますので、

関節がただ単によく動けばいいというものではありません。

最大、最適のバランスを与える関節の動きを見極めるのは、

簡単なことではなく、骨格の解剖、神経の支配、自律神経の役割、

血管の分布など様々な要因を熟知する必要があります。

最近電子工学、人体工学に基づく脊椎矯正器械、spinal adjuster が一部

柔道整復師の間で使われるようです。

カイロのメカニズムの理解、治療の適応を間違えなければ代替医学として

非常に有用な治療方法と思われます。(あくまでも代替医学の範囲を

超えるものではありません。)

本院では治療の一環としてアメリカシグマ社製品の spinal alignment 器械による

正確な脊椎矯正を行っています。

神経支配に基づく脊椎矯正〕が本院のモットーです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57

ページの先頭へ