ホーム > 院長ブログ > > 間欠性跛行の原因
院長ブログ

間欠性跛行の原因

間欠性跛行(長く歩くと脚が痛くなったりしびれてくる症状)の原因は大きく

二つあります。腰の病気(主に脊柱管狭窄症)と血管の病気(主に慢性閉塞性

動脈硬化症など)があります。

画像で診断は容易にできますが、簡単な自己診断法があります。

自転車に乗ってみましょう。血管の病気であれば、自転車のサドルに鼠径部の

動脈が圧迫され、下肢の痛みが強くなります。

腰の病気の場合は、腰が曲がるので脊柱管が広くなり、下肢の痛みが軽減されます。

簡単ではあるが、極めて正確な診断方法です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61

ページの先頭へ