ホーム > 院長ブログ > > 神経ブロックとカイロの併用治療、その有用性
院長ブログ

神経ブロックとカイロの併用治療、その有用性

神経ブロックの最大のメリットは、痛みを確実、迅速に取り除くことです。

特に神経根ブロックは坐骨神経痛に対して劇的な効果を発揮します。

腰部硬膜外ブロックは、治癒目的の治療ですので、速効性には落ちますが、

痛みだけを取り除くものではなく、病気そのものを治す効果があります。しかし、

私が行った3万件以上の神経根ブロック、腰部硬膜外ブロックの有用性を

検証してみると、腰椎の不安定による痛みには神経ブロックが全く

効果が得られませんでした。

不安定は、椎間関節と軟部組織、筋肉の不調和から生じますので、

神経ブロックでいくら血流を増やしても痛みを取り除くことは不可能です。

そこで椎間関節の動きを調節し、関節、筋肉、軟部組織の歯車を円滑に

させる方法、つまりカイロの一部を取り入れることによって、

治療の幅、選択枝が大幅に増えました。

スパイナル アジャスターという椎間関節調整機器により、それが可能に

なりました。変形性頚椎症、不安定腰椎症には抜群の効果が期待できる

非常に有用なカイロの治療です。

その他、ヘルニア、脊柱管狭窄症の治療に、神経ブロックとカイロの併用は

お互いの相乗効果をかなりの確率で期待できます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/58

ページの先頭へ