ホーム > 院長ブログ > > 低髄圧による頭痛
院長ブログ

低髄圧による頭痛

頭痛のほとんどの原因は筋緊張による筋収縮性頭痛です。

子供が頭痛を訴えない(発熱時は除く)のは、

子供はストレス感受性が低く、自律神経のアンバランスによる

過度の筋収縮が起きないからです。

(子供の脳腫瘍による頭痛はここでは論外にします)

成人に、まれに見られる、低髄圧性頭痛があります。

髄膜が何らかの原因で破けて、髄腋が漏れ、頭痛が誘発される

現象です。低髄圧性頭痛はいくつかの特徴があります。

1.起立時に頭が痛くなり、横になるとすばやく消失する

2.長時間起立時は吐き気、立ちくらみを伴う

3.頭の後ろ(後頭部)が主に痛くなる

4.痛みの種類は、”ガンガン”痛くなる(後頭部を殴られている痛み)

などです。

低髄圧性頭痛の治療は、blood patch ; ブラード パッチが唯一の方法です。

自分の血液で、髄膜の穴を埋める方法です。

”地獄で仏様に会った”ように痛みが消失されます。

残念ながら保険外治療なので自費になりますが、現在、厚生省で論議中なので

保険適応になると思います。

本院では、交通事故の後遺症による頭痛の治療にブラード パッチを行って

おります。劇的に頭痛は改善されます。

交通事故後、長引く頭痛がある方は、一度”低髄圧性頭痛”を疑う

必要があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/60

ページの先頭へ