ホーム > 院長ブログ > > めまいの正体
院長ブログ

めまいの正体

一般的に”めまい”と表現される症状には、様々な種類が存在します。

英語で表現すると、DIZZINESS(あるいは、FAINTING, LIGHT HEADEDNESS)とVERTIGOが

あります。DIZZINESSは、ふらつき、少し気が遠くなる感じで、吐き気を伴う場合はまれです。

ほとんどが、自律神経の一時的失調か発作性頭位変化性めまい症がその原因です。

従って、治療は、安静、抗ヒスタミン剤あるいは神経安定剤の服用になります。

もう一つ、VERTIGOという症状があります。周りがくるぐる回る、平衡感覚がおかしい(歩行障害)

感じで、ほとんど吐き気と嘔吐を伴います。原因は内耳の問題か脳血管障害(特に小脳)か

頚椎症性めまい症という頚椎由来の疾患が多いです。

従って、一概に”めまい”と言っても、いろんな原因があり、それによって治療も異なります。

必然的に”めまい”は、脳神経外科医、耳鼻科医、整形外科医が共同で診るべき疾患に

なります。2016年(平成28年)8月1日本郷整形外科皮膚科のすぐ隣に本郷脳神経外科が

開院します。1.5Tの最新MRIが設置され、毎週木曜日にめまい専門外来が誕生します。

担当は、脳外科専門医、耳鼻科専門医、整形外科専門医三人の医師により構成されます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.hongou-seikei.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/62

ページの先頭へ